犬フィラリア症とは

イヌのfilaria症とは、犬糸状虫がイヌの体に寄生している状態のことです。filaria菌の原因を持っている蚊を経由してうつる病気です。早期発見が難しい病気で、毎日の健康チェックや予防薬の投与が有効といわれています。

重度の場合は死に至るケースもある病気です。蚊を媒体として感染する病気なので、どんな犬でも感染する恐れがあります。大切な犬の為に、フィラリアについて知っておきましょう。

フィラリア(filarial)

フィラリアとは、寄生するタイプの虫の一種で、filariaに寄生されている状態をfilariasisと呼びます。

日本でよく確認されるのはイヌに寄生し、比較的イヌに発症しやすいフィラリアという症状です。

犬糸状虫という寄生虫の種類のフィラリアがイヌの内臓系や肺などにも入り込むのですが、軽度であれば投薬治療でfilariaを駆除でき、フィラリアが心臓の内部まで行き届いている場合はオペによって摘出する事も場合によっては考えられるのです。

また、フィラリアはヒトへも感染するのですが、イヌに感染する犬糸状虫とは別のタイプです。

ヒトに寄生するフィラリアにはいろんなタイプがありますが、よく知られているのはバンクロフト糸状虫というfilariaです。ヒトのリンパに寄生し、象皮症という足が膨張する症状が現れることもあります。熱帯・亜熱帯地域でよく見られる感染症です。

イヌが感染するfilariaである犬糸状虫は、人間の体の中で成長することが不可能とされ、イヌからヒトへの感染は無いという線も強くいわれているのです。

犬フィラリア症に感染したら

犬フィラリア症の治療方法は投薬治療と手術による駆除の2パターンがあります。犬フィラリア症の症状は様々です。咳や息切れ、食欲低下、運動を嫌がる、腹水などの症状が現れますが、初期段階で発見することが難しいと言われています。重症化してしまう前に見つけるには、毎日の健康チェックが大切です。

また予防薬であらかじめフィラリアのヨウ虫を駆除することも効果的と言われています。イヌのフィラリア症を予防する方法は予防薬の投与と蚊の駆除の2つのパターンです。予防薬を使用する時は、あらかじめ動物病院でフィラリア症の確認をしておきましょう。

フィラリアのセイ虫が体内に寄生している状態で投薬すると、犬の血管内でフィラリアが詰まる事もありえます。そのまま死亡するケースもありますので、必ず獣医師の診断を受けてから投薬してください。

ページの先頭へ