フィラリアの症状

フィラリア症は蚊に刺されることでフィラリアと呼ばれる寄生虫が動物の心臓や肺動脈に寄生することで起こる感染症のことです。主にイヌが感染する病気と言われてきましたが、近年ではネコもfilaria症に感染する事がわかっています。

フィラリアは主に心臓・肺動脈や主要臓器にも寄生されると言われていますが、猫は脳にも侵入してきてしまう点が犬のフィラリア症と少し違う点です。イヌに比べネコのフィラリア症は気付きにくく、イヌと比較すると心臓が小さく、たった1匹でも成虫が体内に寄生することで大きなダメージになります。

イヌやネコは蚊に刺される環境であって、予防を何もせず二、三年過ごしていればほぼ100%の確立でフィラリアに感染しているという報告もあるようです。

フィラリアはまず感染しないことが一番重要で、きちんと予防をすれば感染することが防げるためしっかりと予防してあげることが大切です。

犬の症状

  • ☆咳
  • ☆息切れ
  • ☆散歩を嫌がる
  • ☆元気がない
  • ☆食欲不振
  • ☆痩せる
  • ☆急に水を沢山飲むようになる
  • ☆お腹が膨らむ

などが主な症状としてあげられています。

咳・食欲不振・元気喪失などが主な症状とされており、症状が悪化するとお腹が膨らんできたり、血尿をしたりなどの症状が出てきます。フィラリアは大量的に寄生すると、一度にに駆除をするとフィラリアの死骸が詰まってしまい危険なので一度にすべて駆除することができません。

しかし、フィラリアを体内に残しておくことで症状が進行してしまい、すべてフィラリアを駆除したあとも心臓などにダメージが大きければ完治することは難しく、なんらかの障害が残ってしまうそうです。

猫の症状

  • ☆咳
  • ☆息切れ
  • ☆嘔吐
  • ☆呼吸困難
  • ☆食欲不振
  • ☆体重減少
  • ☆元気がない
  • ☆痙攣
  • ☆突然死

などが猫の症状としてあげられています。

犬は主にフィラリアが心臓に寄生するとされていますが、猫は心臓以外に寄生するフィラリアが原因で症状が起きることが一般的とされています。

昔は猫は感染しないとされていましたが、症状に気づかず突然死するケースが多かったため研究などが進んで猫もフィラリア症に感染することがわかってきました。

室内で生活している猫でも安心はできません!!室内飼いされている猫の10頭に1頭がフィラリアに感染しているといわれており、毎年適した時期に予防を徹底して行うことが大切です。

ページの先頭へ